浅野内匠頭墓所

浅野内匠頭墓所は、和歌山県高野山奥の院の御供所西約100mのところにある。
浅野長矩(1667-1701)は、広島浅野家の分家で播磨赤穂城主である。
延宝8年(1680)に従五位下内匠頭(たくみのかみ)となった。
元禄14年(1701)に、幕府から勅使の御馳走役を命じられたが、
江戸城本丸の松之廊下で吉良上野介に斬りかかり、切腹して領地も没収された。
中央の墓石は、浅野長矩のもので、「冷光院殿前朝散大夫吹毛玄利大居士」と刻まれている。
家老の大石内蔵助(良雄)が施主となり、元禄15年(1702)6月8日に建立した。
内蔵助は、この年5月に赤穂遠林寺の祐海を高野山に遣わして亡君の法要を行った。
法要には、元赤穂藩士、早水藤左衛門と近松勘六が同行している。
向かって左の墓石は、赤穂四十七士菩提碑で「忠誠院刃宝淨劔居士外四十六士各霊」と刻まれている。
大正13年(1924)に高野山中学校(現高野山高校)の同窓会が建立した。
右の墓は、大石内蔵助の叔父 大石良重のものである。
南海高野線高野山駅から、奥の院前下車、徒歩15分。中の橋駐車場が利用できる。


TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)