美福門院陵

美福門院陵は、和歌山県高野山の蓮花谷不動院内にある。
鳥羽天皇皇后得子高野山陵(こうやさんのみささぎ)として、宮内庁が管理している。
美福門院(1117-1160)は、鳥羽上皇の皇后である。
藤原長実(ながざね)の娘で名は得子(とくし)といった。
鳥羽天皇は、皇后待賢門院との仲が不和で、高陽(かや)院を皇后とした。
しかし、期待された男子が生まれず、藤原得子を入内させ皇子(近衛天皇)が生まれた。
永治元年(1141)には、近衛天皇の即位式で皇后となり、久安5年(1149)には美福門院の号を宣賜された。
保元元年(1156)鳥羽上皇の臨終に際して、安楽寿院で落飾し、法名を真性空と称した。
永暦元年(1160)44歳で亡くなり、鳥羽東殿で火葬された。
「山槐記」には、「美福門院御骨奉渡高野御山、依御遺言也」と記されており、皇后の遺令で高野山に埋納された。
南海高野線高野山駅からバスで蓮花谷下車、徒歩10分。


TOP Page