堂本印象美術館 

堂本印象美術館は、京都市北区にある美術館である。
堂本印象(1891-1975)は、文化勲章を受章した近代日本画の大家で、伝統的な日本画から抽象画まで数多くの作品を残している。
この美術館は、建物の外壁、柱、玄関、窓枠、館内装飾、椅子等にいたるまで、すべてが堂本印象自身のデザインによるものである。
昭和41年(1966年)に開館し、昭和50年(1975年)に堂本印象が亡くなった後も、社団法人堂本美術館が運営していた。
その後、作品と建物が京都府に寄贈され、平成4年(1992年)から京都府立堂本印象美術館として運営されている。
1階2階及びスロープ展示室で、様々な作品が展示されており、3階サロンでは大阪大司教区聖マリア大聖堂や高野山根本大塔など各地の作品がビデオで紹介されている。
京都市バス立命館大学前下車すぐ。(Y.N)



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)