後醍醐天皇塔尾陵

後醍醐天皇塔尾陵(とうのおのみささぎ)は、奈良県吉野町如意輪寺の塔尾山にある。
天皇陵は、通例南面に造られるが、塔尾陵は後醍醐天皇の遺言により、北の京都を向いて築かれている。
「玉骨はたとひ南山(吉野)の苔に埋まるとも、魂魄は常に北闕(京都)の天を望まんと思ふ」
南北朝時代の軍記物語「太平記」は、後醍醐天皇が臨終に際してこのように言い残したと記している。
玉垣に囲まれた円墳で、杉木立の中にある。
如意輪寺には、後醍醐天皇御霊殿があり、後醍醐天皇自作の木造が安置されている。
近鉄吉野線ロープウェイ吉野山駅下車、徒歩約40分。如意輪寺参拝者用の駐車場がある。(Y.N)



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)