平和祈念像 

平和祈念像は、和歌山県かつらぎ町かつらぎ公園にある。
和歌山県出身の洋画家・彫刻家の保田龍門(1891-1965)が原型をデザインしたもので、高さ18m(台座を含めると22m)のコンクリート製の像である。
万国戦没者の精霊を供養し、平和を祈念するために、昭和34年(1959年)に着工し、昭和36年(1961年)に像が完成した。
その後、全国から浄財を募って建物の建設が進められ、昭和45年(1970年)に完成した。
像の台座部分は、世界44か国から集めた小石が礎石に組み込まれている。
当時の外務大臣であった藤山愛一郎の協力で、在外公館を通じてそれぞれ由緒ある小石を収集したもので、残った小石の一部は、建物内に展示されている。
建物内には、地蔵菩薩像が安置されており、毎月24日には、建物の扉が開放される。
毎年3月24日には、春の大祭が行われ、新入学児童の稚児行列が行われ、8月には万国戦争犠牲者の慰霊祭が開催される。
JR和歌山線妙寺駅下車、徒歩5分。



TOP PAGE  観光カレンダー