覚海廟(覚海社)

覚海廟(覚海社)は、和歌山県高野山遍照尊院南側の遍照岡(へんじょうおか)にある。
貞応2年(1223年)82歳で亡くなった高野山37代検校、覚海大徳(1142-1223)の墓所と言われている。
覚海は、高野山の宝門と壽門の二代学派の始点と位置づけられている。
覚海が法性(?-1245)に授けた而二門は、宝性院宥快(1345-1416)が宝門(宝性院学派)とした。
また覚海が道範(1178/1184-1252)に授けた不二門は、無量壽院長覚(1340-1416)が壽門(無量壽院学派)とした。
覚海は、高野山の4大天狗の一人としても知られ、貞応2年に伽藍中門の扉を両翼にして翔天したといわれている。
増福院門前には、覚海大徳翔天之舊跡の石碑が建立されている。


TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)