樫野埼灯台

樫野埼灯台は、和歌山県串本町にある日本最古の石造灯台である。
この灯台は、慶応2年(1866年)江戸幕府とアメリカ等4か国との間で結ばれた江戸条約で建設が決められた8灯台のうちの一つである。
「日本灯台の父」として知られる英国人のリチャード・ヘンリー・ブラントンが、わが国で初めて手がけた石造りの洋式灯台で、明治2年(1869年)3月着工、翌明治3年(1870年)6月10日に点灯された。
水面から灯火までの高さは、約47メートルあり、外壁の階段を利用して展望台まで上がることが出来る。


樫野埼灯台旧官舎

樫野埼灯台旧官舎は、ブラントンが設計して、明治3年(1870年)7月に竣工したもので、平成15年(2003年)に国登録有形文化財に指定され、平成23年(2011年)3月に保存改修工事が行われた。
ここは、トルコ軍艦エルトゥールル号の遭難事件の際、救助の拠点となった事でも知られている。
土日祝祭日、灯台記念日(11月1日)、年末年始(12月29日〜1月3日)には、建物内部を見学できる。
JR紀勢本線串本駅から串本町コミュニティバスで、樫野埼灯台口下車、徒歩7分。樫野埼灯台口に無料駐車場がある。(Y.N)



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)