河口慧海顕彰立像

河口慧海顕彰立像は、堺市南海電鉄七道駅前にある。
河口慧海(かわぐちえかい 1866-1945)は、明治時代、鎖国体制下のチベットに単身ヒマラヤを越えて潜入し、
その冒険談を「西蔵(チベット)旅行記」に著したことで世界的に知られる仏教者、仏教学者である。
堺山伏町(現堺区北旅籠町西三丁)で樽職人「樽善」の息子として生まれた。
父は、河口善吉、母ツネ、6人兄弟の長男で、幼名は定治郎である。
数え年6歳で寺子屋「清光堂」に学び、7歳で錦西小学校に入学したが、12歳で家業に従事するため退学した。
その後、土屋弘(鳳州)が主宰する晩晴書院で漢学等を学び、釈迦の伝記を読んで発心し、禁食肉、禁酒、不淫を誓った。
晩晴書院の同門には、慧海のチベット行きを支援した肥下徳十郎や、のちの東京美術学校校長 正木直彦などがいた。
明治21年(1888)には上京し、哲学館(現、東洋大学)に入学した。
明治23年(1890)25歳で、黄檗宗の五百羅漢寺で得度をうけ、慧海仁広(じんこう)となった。
慧海は漢訳仏典を学ぶうちに、梵語(サンスクリット)やチベット語の仏典の収集と研究が必要であると痛感し、
32歳から50歳までの間に、前後2回、通算17年間、インド、ネパール、チベットを旅した。
そして、梵語やチベット語の仏典、仏具や仏像、標本類など膨大な資料を日本に持ち帰り、帰国後はチベット仏教や文化の紹介に捧げ、チベット仏教学を樹立した。
また、還暦を機に既成仏教の僧籍を返上し、在家仏教を提唱し、真の仏教徒をめざさんとした。
当地の顕彰立像は、1983年に堺ライオンズクラブが彫刻家田村勤に依頼して制作し、堺市に寄贈したものである。
山羊と共に、ヒマラヤを越えてチベットを目指す慧海の姿が表現されている。


TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)