川湯温泉 仙人風呂

川湯温泉仙人風呂は和歌山県田辺市本宮町にある。
江戸時代に源泉を発見し、温泉宿(現在の富士屋)を作ったのが、川湯温泉の起源とされている。
野迫川の支流大塔川をせき止めてつくった「仙人風呂」がある。源泉は約70℃のアルカリ性単純泉である。
仙人風呂は、川の水位が下がる11月から2月に期間限定で作られる露天風呂である。
河川であるため、水着やタオル着用で「入浴」する。
広大な風呂内は場所により温度が違い、「床」の石の間から暖かい湯や水が出ているのを感じながら入浴する。サンダルがあると重宝する。
利用時間は、午前6時30分から午後10時までで、男女別の更衣室と公衆トイレがある。
入浴料金は無料で、石けん・シャンプー等の使用は禁止されている。
夏場は河原を掘って露天風呂づくりが出来る。
JR紀勢本線新宮駅からバスで「川湯温泉」下車すぐ。富士屋南側に仙人風呂利用者用の無料駐車場がある。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)