金輪塔

金輪塔は、和歌山県高野山の金輪公園にある宝塔である。
本尊は、金輪仏頂尊坐像である。
高野山12代検校 明算大徳の廟所と伝えられ、12世紀に建立され、江戸時代に焼失し、天保5年(1834年)に再建された。
高さ18メートル、二層造りで、屋根は檜皮葺である。
明治時代まで、この塔の横に不動堂(国宝)があったとされ、現在は壇上伽藍に移されている。
南海高野線高野山駅から南海りんかんバスで「一心口」下車すぐ。金剛峯寺前駐車場から、徒歩10分。(Y.N)



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)