小松宮彰仁親王御旧跡

小松宮彰仁親王御旧跡は、和歌山県高野山の別格本山総持院に建てられている。
小松宮彰仁(こまつのみやあきひと)親王(弘化3年(1846年)-明治36年(1903年))は、幼名を豊宮といい、安政5年(1858年)に親王宣下を受け、
同年9月25日に仁和寺第三十世純仁法親王となった。
慶応3年(1867年)に復飾し、仁和寺宮嘉彰親王(後の小松宮彰仁親王)と称した。
慶應4年には、鳥羽伏見の戦いにおいて出陣、軍事総裁をはじめ海陸軍務総督などに任じられ、戊辰戦争に加わり、奥州討伐総督として官軍の指揮を執った。
仁和寺には、彰仁親王の軍服や軍帽、新政府軍の旗印となった「錦の御旗(縦約300センチ、横65センチ)が所蔵されており、
平成30年4月27日から5月6日まで特別に公開される。
国際親善にも熱心で、ヨーロッパ各国を歴訪した。1887年に夫人とともにトルコを訪問した際には、アブデュルハミト2世に会い、明治天皇からの勲章を手渡した。
その答礼として、オスマン提督の指令の元軍艦エルトゥールル号が東京へ派遣され、公式代表団は明治天皇に会っている。
その帰路にエルトゥールル号が串本で遭難し、多くの犠牲者が出たが、当時の村人は献身的に救助活動を行ったことで知られる。
別格本山総持院の「登龍の藤」は、小松宮彰仁親王が名付けたもので、5月初旬前後には独特の幹の上に、白い花が咲き誇る。
小松宮彰仁親王(楞厳定院御室)の位牌が、総持院本堂に安置されている。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)