旧高野口尋常高等小学校校舎

旧高野口尋常高等小学校校舎は、和歌山県橋本市高野口町にあり、現在も高野口小学校として利用されている。
同小の起源は、明治8年(1875年)に村学として開校し、明治9年又新(ゆうしん)小学校、明治18年名倉小学校、明治44年(1969年)高野口尋常高等小学校となった。
昭和12年(1937年)、四川合流による田原川跡地を利用して現在の地に木造平屋建て桟瓦葺きの校舎が建設された。
小学校の北・東・南側には低い石垣と生け垣があり、正面門柱の内側に見える入母屋屋根の式台構えを思わせる正面玄関、瓦葺きの品格のある校舎である。
平成23年に耐震補強を含む改修工事が完成し、平成26年1月に重要文化財に指定されている。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)