熊野速玉大社

熊野速玉大社は、和歌山県新宮市にある神社である。
熊野本宮大社、熊野那智大社とともに熊野三山の一社で、別名新宮(にいみや)といい、それが新宮市の名称の由来となった。
伝承によると、速玉大社の南にあるゴトビキ岩の神倉山に結神(むすびのかみ)、速玉神(はやたまのかみ)、家津御子神(けつみこのかみ)の三神が降臨した。
いずれも後に熊野三山の主神となる神である。
これらの神は、やがて対岸の貴祢谷社(きねがたにしゃ)に遷ったが、家津御子神は熊野川を遡り、今の本宮の地に鎮まった。
その後結神と速玉神は、今の速玉大社の地に新しい宮を造営してそこに鎮まったので、神倉山の古宮(元宮)に対して、その地を新宮と呼ぶようになった。
孝謙天皇からは、「日本第一大霊験所」の勅額が下賜された。
文献上は、「新抄格勅符抄」で天平神護2年(766年)に熊野牟須美神と速玉神にそれぞれ4戸の封戸が与えられたとあるのが初出で、その後朝野の崇敬を受けて急速に発展し、天慶3年(940年)に正一位に叙せられ、延喜式では名神大社となった。
平安時代から江戸時代は、いわゆる「熊野詣」で賑わい、拝殿前には、141回の上皇等の熊野御幸の記録石碑が建てられている。
祭神は13神で、第一殿が結大神、第二殿が速玉大神、第三殿が家津御子命と国常立命(くにとこたちのみこと)が祀られている。
神宝館は、約千点もの古神宝類を所蔵し、一括して国宝に指定されている。
神宝館前には、樹齢800年といわれる御神木の梛(なぎ)の巨木があり、平治元年(1159年)に社殿の落成記念に平重盛が手植えしたと伝えられており、国の天然記念物に指定されている。
JR紀勢本線新宮駅下車、徒歩15分。(Y.N)

神馬渡御式  御船祭り

毎年、10月には例大祭が行われる。
10月15日は神馬渡御式で、神馬を含む行列が速玉大社の旧摂社阿須賀神社に向かって渡御する。
翌日の10月16日には、御船祭りで、9艘の早船が、熊野川の急流を約2km遡り、御船島の周りを左から3回廻り勝敗を決する。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  旅游日历