那智の滝  飛瀧神社

那智の滝は、和歌山県那智勝浦町にある国指定の名勝である。
那智山には、烏帽子山、大雲取山、船見峠、妙法山を源流とする4本の渓流があり、60もの滝がある。
このうち修験に適した滝は、一ノ滝、二ノ滝、三ノ滝、曽以の滝(文覚の滝)など計48本で、「那智四八滝」と呼ばれている。
那智の滝とはその総称だが、一般には那智の滝といえば、一の滝を指し、那智大瀧と呼ばれている。
那智大瀧は、高さ133m、幅13m、滝壺の深さ10mで、日本一の高さである。

大瀧正面の広場の脇に、この滝を神体とする飛瀧神社があり、大己貴命(おおなむちのみこと)を祭神としている。
役行者(小角)は、この滝を山岳修行の道場中第一の霊場に定め、千手観音を本地仏としたことから飛瀧権現とも呼ばれている。
ここでは、山覚を初め多くの修行者が滝籠り修行をしており、花山法皇は熊野行幸の際一千日の滝籠りを行った。
二ノ滝に対面する断崖上には、花山法皇御籠所跡があり、県の史跡に指定されている。
現在、飛瀧神社は熊野那智大社の別宮で、滝近くには、お滝祈願所と御滝拝所がある。
7月と12月には、御滝注連縄張替行事があり、7月14日には、那智の扇祭りが行われる。
JR紀勢本線那智勝浦駅からバスで「那智の滝前」下車、徒歩3分。



TOP PAGE  観光カレンダー