念仏寺

念仏寺は、奈良県五條市大津町にある単立寺院である。本尊は阿弥陀如来である。
創建については明確でないが、所蔵品から平安時代末か鎌倉時代には真言寺院として創立していたと考えられている。
安永3年(1774年)9月「大津村鑑明細帳」に「右念仏寺と申者坂合部12ケ村之氏寺ニテ御座候」と記されている。
鬼面4面とともに古来正月の修正会の鬼走り行事が有名である。
JR和歌山線大和二見駅下車、徒歩36分。境内東側に参拝者用駐車場がある。鬼走り行事の時は、上野公園駐車場を利用する。



陀々堂の鬼はしり

念仏寺の本堂は、陀々堂と呼ばれ、毎年1月14日に陀々堂の鬼はしり修正会結願行事(阿弥陀悔過法会)が行われる。
この行事の起源は不詳であるが、行事で使われていた鬼面に文明18年(1486年)の年号があり、そのころにはすでに行事があったことが判明している。
念仏寺は平安時代末期から阪合部郷(さかいあべごう)をまとめる郷寺で、鬼はしりは現在も阪合部地区の人々によって行われている。
鬼はしりは昼と夜の2回行われ、昼の鬼はしりは午後4時から始まり、子ども鬼はしりも続けて行われる。
夜の鬼はしりは、午後9時から始まり、火天(かつて)役による火伏(ひぶせ)の行に続いて、3人の鬼達が燃えさかる松明を振りかざして勇壮に堂内を巡る。松明は重さ60kgの大きなものである。
この鬼は邪悪な鬼ではなく人々に幸福をもたらすために訪れる鬼とされている。
松明の燃え具合で米の作柄を占ったり、本尊後ろの板壁をたたくと肩こりにならないとか、鬼の体に縛りつけられた紙縒り(こより)をもらうと厄除けになるなどの民間信仰がある。
境内には、鬼はしり修行510回記念の石柱も建てられ、中世以来の伝統的な地域社会が行事を伝承しており、民間信仰の変遷を示す貴重な民俗行事として、国の重要無形民俗文化財に指定されている。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)