仁和寺 

仁和寺は、京都市右京区にある真言宗御室派の総本山である。
山号は大内山、本尊は阿弥陀三尊で、平成6年に世界文化遺産に登録された。
光孝天皇の勅願で造営が開始され、仁和4年(888年)に宇多天皇が創建し、年号を寺号とした。
宇多天皇は退位後昌泰2年(899年)に東寺の益信(やくしん)を戒師として当寺で出家して僧房を営み、三十余年修行に専心したため、法皇が御座する室(僧房)ということから、「御室」が後に周辺の地名になった。
これ以降、明治維新まで歴代住職は皇子皇族がつとめ、門跡寺院の代表格となり、仁和寺は御室御所とも呼ばれた。
応仁の乱で衰退した後、覚深(かくしん)法親王が徳川家光の援助を受けて再興に着手し、現在の大規模な伽藍が整備された。
二王門は、正保元年(1644年)の建築で、知恩院三門、南禅寺三門とあわせて京の三大門といわれる。
金堂は、慶長16年(1613年)造営の紫宸殿を正保元年(1644年)に移築したもので、国宝に指定されている。
五重塔は、高さ36m、寛永21年(1644年)の建立で重要文化財に指定されている。
西門から成就山の麓にかけて、四国八十八カ所霊場を縮小した「御室八十八カ所巡りの霊場」がある。
中門の左手には、遅咲きの桜の名所として知られる「名勝御室桜」がある。
京都市バス御室仁和寺下車。参拝者用の駐車場がある。(Y.N)



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)