露天神社(通称 お初天神)

露天神社(通称「お初天神」)は、大阪市北区曾根崎にある神社である。
創建以来一千三百年の歴史を持つ古社で、曾根崎・梅田地域の総鎮守として崇敬を集めている。
創建年代は定かではない。
社名の起こりは、菅原道真公が、筑紫に流される途中、この辺りを通った時霧が深いのを見て詠んだ歌にちなんで名付けられたとされている。
通称のお初天神は、近松門左衛門の人形浄瑠璃戯曲「曾根崎心中」のヒロインの名に由来する。
内本町の醤油商平野屋の手代徳兵衛が、曽根崎新地天満屋の遊女お初と恋仲になったが、これを平野屋の主人にとがめられ、気の向かない結婚を迫られた。
徳兵衛は、結婚を拒み、お初を誘って元禄16年(1703年)4月7日に当神社の森で心中した。
この実話をもとに、曾根崎心中が書かれ5月7日に近松作の人形浄瑠璃が上演された。それ以降お初天神と呼ばれるようになった。
心中の道行の場面では次の義太夫節が語られる。
「この世の名残り 夜も名残り 
死にゆく身をたとふれば、
仇しが腹の道の霜、一足ずつに消えてゆく、
夢の夢こそあはれなれ。」
境内にはお初徳兵衛の石碑とブロンズ像が建てられている。また、2013年にはプロポーズにふさわしいロマンチックなスポットとして恋人の聖地に選定された。
JR大阪駅から徒歩約10分。(Y.N)




TOP PAGE  観光カレンダー