小峯寺

小峯寺は、和歌山県橋本市境原にある高野山真言宗の寺院である。
宝雲山宝蓮院と号し、本尊は馬頭観音である。
紀見村郷土誌には、「役行者の開基にして、山伏の行所なり」と記され、鎌倉時代初期の「諸山縁起」に当寺が記載され、南北朝時代は金剛山転法輪寺(現奈良県御所市)配下で、修験寺院として栄えた。
現在も本堂前に、葛城根本道場の石碑が建てられている。
かつては、寺中に五坊があったが、天正年間(1573-92)の兵火で焼失したと言われている。
境内には、天授5年(1696年)銘の宝篋印塔があり、橋本市指定文化財となっている。
また、境原村の檀那寺、東光寺(明治維新で廃寺)の本尊であったと伝えられる、木造薬師如来坐像がある。
南海高野線林間田園都市駅からバスで初芝橋本高校前下車、徒歩5分。参拝者用の駐車場がある。(Y.N)



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)