佐竹義重霊屋

佐竹義重霊屋は、和歌山県高野山の奥の院にある。
佐竹義重(1547-1612)は、常陸国(茨城県)の戦国大名である。
一間四方で、屋根は切妻造、檜皮葺きである。
正面向かって右の柱に「常陸国佐竹為義重逆修造立之」
左の柱に「慶長四己亥十月十五日」(西暦1599年)の刻銘がある。
国の重要文化財に指定されており、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産となっている。
外面は、木造の卒塔婆型の角材で、正面、側面、背面と47本建て並べて壁にしており、極めて珍しい霊屋である。
南海高野線高野山駅からバスで、奥の院口下車、徒歩10分。


TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)