豊臣秀次の墓

豊臣秀次の墓は、和歌山県高野町の光臺院にある。
豊臣秀次(1568-1595)は、文禄4年(1595年)7月13日、金剛峯寺の柳の間で、四人の近習と自刃し、遺骸は金剛峯寺北側の墓に葬られた。
その後、同年8月2日に京都三条河原で、秀次の妻妾や遺児が豊臣秀吉の命で殺された。
京都市の瑞泉寺には、秀次と処刑された一族の墓所がある。
南海高野線高野山駅からバスで、警察前下車徒歩3分。前日までに光臺院に予約すると墓所を参拝できる。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)