豊臣家墓所

豊臣家墓所は、和歌山県高野山の奥の院にある。
この墓所の正面には、豊臣秀吉(1537-1598)とその母、秀吉の弟である大納言秀長と夫人など豊臣一族の墓がある。
現在、五輪塔が6基並んでいる。
そのうち、中央の1基は、昭和15年(1940年)、豊公会によって造立されたものである。
五輪塔の正面には、「豊臣太閤秀吉公之墓」と記されている。
この五輪塔の内部には、秀吉の衣冠束帯姿の古い木造が納められている。
紀伊名所図会には、江戸時代の奥の院が描かれており、そこには5基の五輪塔が描かれている。
京都市東山区の阿弥陀ケ峰山頂(標高196m)には、豊臣秀吉の墓所豊国廟がある。
南海高野線高野山駅からバスで奥の院前下車、徒歩20分。


TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)