頭 塔

頭塔は奈良市高畑町にある国史跡である。
僧玄昉(げんぼう)の頭塚の伝承がある。
神護景雲元年(767)良弁僧正の命により東大寺僧実忠が造営した土塔である。
形状は、方形22mの四角錘台で、7段に築かれた仏塔である。
各段の四方には現在27基の石仏が残っている。
石仏の高さ61-111cm、それぞれ浮彫、線彫などで、如来三尊や侍者等を現わしている。
奈良時代の彫刻として価値の高いこれらの石仏のうち、当時確認できた13基は昭和52年に重要文化財に指定されている。
その後昭和61年(1986)からの発掘調査で14基の石仏が見つかり、そのうち9基が重要文化財に追加指定された。
近鉄奈良線奈良駅からバスで破石町下車、南へ80m行き、西へ50m。
入口は施錠されているため、南側の仲村表具店に解錠を依頼する。


TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)