筑後柳川立花家供養塔

筑後柳川立花家供養塔は、和歌山県高野山の奥の院にある。
奥の院の一の橋から約50m北東にある。
立花宗茂(1569-1642)は、安土桃山から江戸時代の大名で筑後柳川藩初代藩主である。
永禄12年に豊後で、高橋紹運の長男として生まれ、天正8年(1580)立花鑑連(あきつら)の養子となり、家督を継いだ。
豊臣秀吉に従い、九州征伐では先鋒を務めた功により、柳川13万石を与えられた。
関ヶ原の合戦で西軍に属し改易されたが、慶長8年(1603)徳川秀忠に召し出され、陸奥棚倉(福島県棚倉町)に1万石を与えられた。
大阪冬の陣、夏の陣に徳川方で参戦し、元和6年(1620)再び柳川に10万9千石を与えられた。
五輪塔は花崗岩製で、高さは約4mある。
地輪正面には、宗茂の法名「大圓院殿松隠宗茂大居士」と刻されている。
俗名の宗茂がそのまま使われているのは、宗茂の名が有名であったため、変えられずにそのまま使われたといわれる。


TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)