下野宇都宮藩 奥平家供養塔

下野宇都宮藩 奥平家供養塔は、和歌山県高野山奥の院24町石東にある。
史跡金剛峯寺境内(奥院地区)大名墓総合調査報告書によると、墓域内には、大型五輪塔1基、中型五輪塔4基、小型五輪塔30基、無縫塔1基、宝篋印塔2基などがあり、中央に京都登山界の納骨塔が建立されている。
主な供養塔は次のとおりである。

 写真番号  供養者名  没年  法名  備考
 ① 下野宇都宮藩主
奥平 家昌
慶長19年
(1614)
六通院殿前大官令
天眼道高大禅定門
宝篋印塔 
 ② 下野宇都宮藩主
奥平忠昌夫人 桂獄院
寛永19年
(1642)
桂獄院殿少室
香林大禅定尼
大型五輪塔 
 ③ 下野宇都宮藩主
奥平忠昌の娘
陸奥国棚倉藩第2代藩主
内藤信良 正室
恵照院殿□□
宗空大禅定尼
中型五輪塔 


正面中央の宝篋印塔は、奥平家昌供養塔で、基礎北面には「六通院殿前大官令天眼道高大禅定門」と法名が刻されている。
奥平家昌(1577-1614)は、江戸時代前期の大名である。
奥平信昌の長男で、母は徳川家康の長女 亀姫である。関ヶ原の戦いで徳川秀忠に従い信濃上田城を攻めた。
慶長6年(1601)下野宇都宮藩主(10万石)となった。
慶長19年10月10日死去。前名は家綱、通称は九八郎と呼ばれた。

奥平忠昌(1607-1668)は、奥平家昌の長男で、徳川家康の曽孫にあたる。
正室 桂獄院(けいがくいん)は、鳥居忠政(鳥居元忠の次男)の娘である。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)