兒滝(稚児滝)

兒滝(ちごのたき)は、和歌山県高野町の清不動堂の北約50mにある。
京大坂道(不動坂)を登ると道標のある左手に、林立する樹木の合間から滝が見え、兒滝(稚児滝)と呼ばれている。
滝の名称については諸説あるが、江戸時代後期編集の「紀伊続風土記」には、
「昔兒の捨身せし所といひ傳ふ」とある。

「紀伊名所図会」には、次のように記されている。
兒滝 花折坂の下にあり。昔兒の捨身せし所といひ傳ふ。
一帯の清泉、積翠萬畳(せきすいばんでふ)の中より流失し、
こ々に至りて直下千尺、珠砕け玉踊る天工、言語の及ぶ所にあらず。

また「遥かに見下せば一条の白布ななめに翠壁にかかる」と古書に記された美しい滝である。
宝永5年1708)に初演された近松門左衛門作の浄瑠璃「心中万年草」では、
高野山吉祥院の稚児成田粂之助と神谷の雑賀屋の娘 お梅が、
この世では実らぬ恋をはかなんで、最後に身を投げる悲哀の場所として描かれている。
南海高野線極楽橋駅下車、徒歩20分。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)