神倉神社

神倉神社は、和歌山県新宮市にある熊野速玉大社の摂社である。
千穂ケ峰(権現山、253m)の南端にある神倉山(199m)の山頂から少し下に位置し、御神体は「ゴトビキ岩」と呼ばれる巨岩である。
参道は、自然石を巧みに組み合わせて作られた538段の石段で、建久4年(1193年)源頼朝によって寄進されたといわれている。
神倉神社の祭神は、天照大神、高倉下命(たかくらじのみこと)である。
日本書紀(神武天皇紀)には、戊午年(紀元前3年)6月に「遂に狭野(佐野)を越えて、熊野の神邑(くまののみわのむら)に至り、旦ち(すなわち)天磐盾(あめのいわたて)に登る」と記されている。
神倉山は天磐盾の山にあたると考えられ、この時、高倉下命は天皇に「韴霊(ふつのみたま)」の神剣を捧げ、神武天皇はその神剣を携えて、八咫烏の道案内で熊野大和地方を平定したと伝わる。
ゴトビキ岩周辺からは、神倉山経塚が発見され、平安時代以来の祭祀遺物が出土している。
その下層から、袈裟襷文銅鐸の破片なども発見され、原始以来の磐座信仰の対象から、神仏習合に基づく修験者の修行場となっていたことがわかる。
社殿からは、新宮市内と太平洋が一望できる。
JR紀勢本線新宮駅から徒歩15分。参道登り口東側に、参拝者用の駐車場がある。(Y.N)



 御燈祭 

例大祭の御燈祭(おとうまつり)は、約1400年前から伝わる女人禁制の神事で、毎年2月6日に実施されている。
2月6日の夜、神倉神社のゴトビキ岩下の玉垣内に集まった白装束の上り子たちが、手にした松明に火を灯してもらう。
狭い玉垣内は火の海となり、午後8時に玉垣の扉が開かれると、2000人を超える男衆が、松明を手にかざして暗闇の急な階段を一気に駆け下りて行く。
地元の新宮節で「山は火の滝下り龍」と歌われ、遠くから見ると、松明の列は龍が山を下るような光景となるといわれる。
新宮市出身の芥川賞作家 中上健次は、熊野市の事件や御燈祭を題材に、小説「火まつり」を書いており、映画化もされている。
勇壮な火まつりで、平成28年(2016年)3月に国の重要無形民俗文化財に指定された。



TOP PAGE  観光カレンダー