磨崖三尊大石仏 

奇絶峡磨崖三尊大石仏は、和歌山県田辺市奇絶峡にある。
堂本印象画伯の描いた三尊を刻したもので、田辺市、田辺市観光協会、上秋津愛郷会の発願で昭和41年(1966年)48日に開眼した。
高さ16m、幅22mの一枚岩に、阿弥陀仏(7.3m)と観世音菩薩(左4.9m)、勢至菩薩(右4.9m)が彫られている。
不動の滝から約400m登ったところにある。不動の滝前の橋上流30mの田辺十津川の道路上からも望むことが出来る。
JR紀伊田辺駅から龍神バスで奇絶峡下車徒歩10分。バス停前と、上流部に無料駐車場がある。


TOP PAGE  観光カレンダー