千姫の墓

千姫の墓は、京都市東山区知恩院境内にある。
千姫(1598-1664)は、二代将軍 徳川秀忠の長女で、幼くして豊臣秀吉の息子 秀頼に嫁いだ。
大坂夏の陣で徳川家に保護され、その後姫路城主 本田忠正の嫡男 忠刻と再婚した。
本田忠刻が病死した後は、出家して天寿院と号して、江戸城の竹橋御殿で余生を過ごした。
墓所は、小石川伝通院と茨城県の天寿院弘経寺にあるが、徳川家が帰依した知恩院に分骨され宝塔に納められた。
京都市営地下鉄東西線東山駅下車、徒歩15分。京都市バス知恩院前下車、徒歩10分。参拝者駐車場がある。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)