汗かき地蔵 姿見の井戸

汗かき地蔵、姿見の井戸は、和歌山県高野山奥の院中の橋の北東にある。
紀伊国名所図会では、流汗地蔵、薬井として次のように記されている。

〇流汗地蔵(あせかきじぞう)
 同上。毎朝遍身に汗を出(いだ)す。一切衆生の苦悩に代りて、地獄へ行き給う大悲代受苦なりといふ。
      水無月ばかり流汗地蔵のみまへにて
   焦熱にかはる佛もあるものを 夏なきやまと何思ひけん  易 興
     世をすくふ 汗ありがたき 誓かな             車 光

〇薬井(くすりい)
 同上。御影の井といふ。延喜帝の勅使 少納言平惟扶(これすけ)、曾て悪疾ありしに、大師霊告ありて曰く、
 若人専念遍照尊。一度参詣高野山 無始罪障道中滅。随願即得諸佛土と、因て 勅を奉じて登濟(とうせい)し、
 且此霊水を服せしに、重病忽に治せりといふ。

延喜帝とは、醍醐天皇を指し、「少納言平惟扶」(日本紀略)は、「平維助」とも表記され、平家物語では「少納言資澄(すけずみ)卿」、高野春秋編年輯録では「中納言扶閑(すけずみ)」とも書かれている。
江戸時代には、この井戸を覗き見て、自分の姿が水に映らなければ3年以内の命であるという説が広まり、「姿見の井戸」と呼ばれるようになった。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)