越後長岡藩 牧野家供養塔

越後長岡藩 牧野家供養塔は、和歌山県高野山奥の院22町石北東にある。
上杉謙信霊屋へ登る参道沿い北側にある。
次の2基の大型五輪塔ほか、数基の供養塔がある。

 写真番号  供養者名  没年  法名  備考
 ① 上野国大胡藩 二代藩主
越後国長岡藩 初代藩主
牧野 忠成
承応3年
(1655)
寶性院殿前四品
仙誉月卦正心大居士
 
 ② 越後国長岡藩 二代藩主
牧野 忠成(忠盛)
延宝2年
(1674)
超雄院殿前飛□尊誉
利岳乗見大居士
祖父寶性院の遺徳を慕い
同名を名乗ったので、
「後忠成公」と呼ばれる。 

牧野氏は、家譜によると武内宿禰の後裔で、推古天皇に仕えて大和国高市郡田口に住んで田口氏を称し、讃岐を経て、応永年間(1394-1428)に成継が三河国宝飯郡牧野村(愛知県豊川市牧野町)に移って牧野氏と改称した。
牧野康成は徳川家康に仕え、天正18年(1590)上野大胡(群馬県前橋市大胡町)で2万石を領した。
康成の長男 牧野忠成(1581-1655)は、大胡藩から長峯藩さらに長岡藩へ加増移封され、譜代大名の地位を確立した。
忠成の孫 牧野忠盛は、父の光成が早死にし、承応4年長岡藩主となった。祖父の遺徳をしたいその名を継いで牧野忠成(1635-1674)(飛騨守)と名乗った。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)