大畑才歳生誕地学文路石碑

大畑才歳生誕地学文路石碑は、和歌山県橋本市学文路にある。
平成16年(2004)3月に橋本市学文路区によって建立された。
大畑才蔵勝善(1642-1720)は、寛永19年に紀伊伊都郡学文路村の庄屋に生まれた。
家伝によれば、先祖は日高郡亀山城(現御坊市)城主 湯河直光の末葉 湯川次郎右衛門信光である。
18歳で大庄屋の補佐役をつとめ、水利事業に才能を発揮し、元禄9年(1696)に紀州藩役人となり、紀州最大の用水路 小田井用水を開削した。
享保5年(1720)9月24日79歳で学文路村有岡で没した。墓所は学文路の山腹にあり、和歌山県指定史跡となっている。
南海高野線学文路駅下車徒歩10分。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)