大中臣弘泰歌碑(日本最古の歌碑)

大中臣弘泰歌碑(日本最古の歌碑)は、和歌山県高野山奥の院にある。
「正和元年板碑」とも呼ばれ、奥の院御廟橋の北側、参道から約20m東側にある。

「紀伊國金石文集成」によると、総高250cm、幅35cmで、正面には次のように記されている。
  (梵字)出天地間五十七年
      清風迊空十音一聲
      南無阿弥陀佛
  いにしへハ はなさくはるに むかひしに
   にしにくまなき 月於ミるかな
  右頌歌者正和元(年)四廿七午尅
  大中臣弘泰法師沙弥心浄
  臨終之刻誦之率畢
    正和元年壬子六月 日
    大施主比丘尼心恵 敬白

木下浩良氏によると、大中臣弘泰が正和元年(1312)に亡くなる前に、
「古へは 花咲く春に 向かいしに 西に隈なき 月をみるかな」 と辞世を詠み、
妻と思われる大施主比丘尼心恵が造立したという。

板碑左側面には、建立に至る経緯が記載されている。
川勝政太郎氏によると、鎌倉幕府に属した大中臣弘泰という武家が、生前から高野山を慕っており、
同僚武家の藤原朝広沙弥西蓮と僧教圓が、尼心恵の依頼で建立したという。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)