鳥取池田家供養塔

鳥取池田家供養塔は、和歌山県高野山奥の院23町石北にある。
中央の五輪塔前の石柱には、「因幡之國鳥取城主池田侯之墓所」と刻されている。
五輪塔地輪北面(参道の反対側)には、次のように刻されている。
濃□岐阜城主
池田三左衛門尉輝政建立
     護国院殿前紀伊大守
(梵字)
     雄岳宗英大禅定門□
天正十二□甲申信輝□
使者岩越□良左ヱ門□

五輪塔の被供養者は、池田恒興(信輝)(1536-1584)で、池田恒利(つねとし)と妻養徳院の間に生まれた。
養徳院は織田信長の乳母となったため、恒興は信長の乳兄弟として厚遇を受け、池田氏興隆の基礎を築いた。
天正12年の小牧長久手の戦いで徳川家康に敗れ、嫡男 元助とともに討死し、家督は次男輝政が継いだ。
その後、池田輝政を祖として、岡山藩と鳥取藩は池田家が藩主を務めていたが、
寛永9年(1632)鳥取藩の池田光政と岡山藩の池田光仲が領地の取り換えを命じられ、
宗家光仲の子孫が歴代鳥取藩主を務めた。→ 岡山池田家供養塔

水原堯榮氏の「高野山金石図説」(大正13年刊)によると、次の7尺3寸の石塔が織田信長墓所に隣接して紹介されている。
護國院殿前紀御太守
雄兵(岳)宗英大禪定門
孝子三左衛門尉輝次(政)公爲親父立
家臣竹村藤左衛門
大正年間には、奥の院34町石近くの播磨姫路藩主 池田輝政供養塔付近に、池田恒興供養塔が建立されていた事がわかる。
 



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)