大長寺

大長寺は、大阪市都島区中野町にある浄土宗の寺院である。
元は網島町の藤田美術館の場所にあったが、明治42年(1909)に現在地に移転した。
川向山普照光院と号し、本尊は阿弥陀如来である。
寺伝によると慶長10年(1605)鯰江備中守が、外祖父毛利備前守の冥福を祈念して建立したもので、開山は源蓮社光誉という。
享保5年(1720)10月14日、天満の紙屋の主人 治兵衛と曽根崎の遊女 小春が当時網島にあった当寺の裏で心中し、この事件に取材して近松門左衛門が浄瑠璃の名作「心中天網島(てんのあみじま)」を発表して有名となった。
寺では、一万日目回向や開帳が行われ、安永3年(1774)の開帳では、下記の内容が書かれた治兵衛・小春の書置(遺書)が公開された。
境内には、比翼塚とよばれる小春・治兵衛の墓碑が建てられ、明治42年に塚も約400m離れた現在地に移転された。→ 昌芳山安養寺(紙屋おさんの墓)

治兵衛と小春の書置(遺書)
今宵ありがたき御おしえにあずかり忝く存奉候、
私共浅間敷身の果、みらいのほどもおぼつかなく存候
何とぞなきあとの御とむらい被下候はば忝存奉候、
これのみ御頼み申上度書遺申候 以上
十月十四日
大長寺殿  治兵衛
        小春

比翼塚の隣には、鯉塚がある。
寛文8年(1668)淀川でとれた巴の紋のついた大きな鯉が見世物にされて死んだところ、大長寺の住職の夢枕に、大坂夏の陣で討死した武士の霊があらわれたことから、
「滝登鯉山居士」の法号を与えて葬ったと伝えられている。
JR大阪駅からバスで東野田下車、徒歩3分。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)