カトリック宮津教会

カトリック宮津教会は、京都府宮津市にある。
カトリック宮津教会 聖ヨハネ天主堂は、フランスから派遣されたルイ・ルラーブ神父自ら設計し、地元の旧家 田井氏が土地を寄付して、明治29年(1896)に建てられたもので、現在もミサが行われる教会として日本で最も古い教会である。
カトリック宮津教会の東側には大手川ふれあい広場があり、細川ガラシャ夫人像「祈り」がある。
細川ガラシャは、この宮津に住んでいた時期があり、幸せな時間を過ごしたといわれている。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)