大津籠城戦死者追弔碑

大津籠城戦死者追弔碑は、和歌山県高野山奥の院にある。
関ヶ原の役の後、京極高次が大津城に立て籠もり、東軍のために取り囲まれ、忠臣山田左衛門以下二十二士が全滅したときの供養碑である。
案内柱前の板碑は、慶長5年(1600)に建立された。東隣の京極家供養塔を挟んで、天和2年(1616)に再興された討死碑がある。。

西側の追弔碑には、次のように刻されている。
      山田三左衛門 磯野八左衛門 林五郎兵衛
      尾本善久 瓦關甚右衛門 伊藤角久
 (梵字) 草山源兵衛 香川又右衛門 河上小左衛門
      石黒又兵衛 横山久内 草山八兵衛
(梵字)大津城中討死之侍衆高次馬廻也
      篠宗兵衛 三浦五右衛門 藤岡又左衛門
 (梵字) 萩原佐兵衛 馬淵隠商 中池角兵衛
      小川左近右衛門 新保喜右衛門 石川久左衛門
      山田平兵衛 慶長五年庚子九月十三日

追弔碑東隣には、京極家供養塔があり、京極高吉、京極高次、京極朗徹の石碑がある。


TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)