山陰石楠句碑

山陰石楠句碑は、和歌山県高野山無量光院前にある。
石碑には、次の句が刻されている。
紅梅や一山統ぶる緋の位
                 石楠

山陰石楠(やまかげせきなん)(本名 智也)は、大正12年11月13日に生まれた。
元高野山金剛峯寺座主 関栄覚和上門下で、還俗して古美術商 山陰玉石堂を営んだ。
昭和15年(1940)ホトトギス同人 森白象に就き俳句を学び、
山茶花(田村木国)、青玄(日野草城)、天狼(山口誓子)、若葉(富安風生)等に参加した。
俳人雑誌「金剛」を主宰している。著書には、句集晩鐘、大咲心、山姫、魔尼、沙羅、大咲心Ⅱ、金剛、円月、太虚、石楠善句集がある。
他に、句文集俳句曼陀羅、空華、山史高野山、絵本高野山、玉石堂夜話などがある。→ 高野山内の歌碑句碑詩碑



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)