安芸浅野家供養塔

安芸浅野家供養塔は、和歌山県高野山奥の院32町石南にある。
正面中央の扁額には、清光院、慶雲院、傳正院、自得院と刻されている。
清光院殿前紀州太守春翁宗雲大居士は、浅野幸長(よしなが)で、三基並んだ五輪塔の向かって右側である。
慶雲院殿栄春宗久大姉は、浅野幸長の妻で池田恒興の娘である。奥の小五輪塔向かって右側である。
傳正院殿功山道忠大居士は、浅野長政で、三基並んだ五輪塔の中央である。
自得院殿洞雲宗仙大居士は、浅野長晟(ながあきら)で、三基並んだ五輪塔の向かって左側である。
奥の小五輪塔向かって左側は、天正三年九月十日 勝海院殿とあり、浅野長勝の供養塔である。
なお、奥の院29町石南には、浅野長晟夫人の振姫の五輪塔(安芸浅野家供養塔(二番石))がある。    

 法名  氏名   系譜  藩職等  備考 
 勝海院  浅野長勝  ?-1575  織田氏と羽柴秀吉に仕える  
 傳正院  浅野長政  浅野家14代当主
 1547-1611
 豊臣政権五奉行
 真壁藩初代藩主
 浅野長勝の養子となる
 豊臣秀吉正室高台院も長勝の養子
 清光院  浅野幸長  浅野家15代当主
 1576-1613
 紀伊和歌山藩初代藩主  浅野長政の長男
 慶雲院  幸長の妻      池田恒興の娘
 自得院  浅野長晟  浅野家16代当主
 1586-1632
 紀伊和歌山藩2代藩主
 安芸広島藩初代藩主
 浅野長政の次男
 正室は徳川家康三女 振姫




TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)