俳人 阿波野青畝 生家

俳人 阿波野青畝 生家は、奈良県高取町にある。
阿波野青畝(あわのせいほ)(1899-1992)は、父長治、母かねの五男として、明治32年2月10日高取町上子島で生まれた。
本名は、橋本敏雄で、のち阿波野家を継いだ。
畝傍中学在学中から原田浜人(ひんじん)に俳句を学んだ。
その後、高浜虚子に師事して、昭和初頭、水原秋桜子、山口誓子、高野素十とともに、ホトトギスの四Sと称された。
昭和4年(1929)俳誌「かつらぎ」を創刊して、関西俳壇の重鎮として活躍した。
昭和48年(1973)第7回飯田蛇笏賞、平成4年(1992)日本詩歌文学賞を受賞している。
写生俳句の達人と言われ、句集として、万両(1931),、国原(1942)、春の鳶(1952)、紅葉の賀(1962)、甲子園(1972)、不勝簪(ふしょうしん)(1980)などがある。
高取町の資料によると、100に及ぶ阿波野青畝の句碑が全国に建立されているという。→ 大阪カテドラル聖マリア大聖堂 和歌山県高野山増福院山門前
平成4年(1992)12月22日に93歳で亡くなった。

高取町内には、次の句碑が建立されている。

 句碑位置  建立年  俳句  備考
 長円寺 昭和43年 供藷眼耳鼻舌身意も無しと  
高取中学校 昭和44年 葛城の山懐に寝釈迦かな  平成16年に高取中央公園に移転された
青畝生家 昭和60年 虫の灯に読昂ぶりぬ耳しひ児  
 上子島砂防公園 平成11年 満山のつぼみのまゝの躑躅かな
夢創館 平成12年 飯にせむ梅も亭午となりにけり  



長円寺



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)