契沖阿闍梨供養塔

契沖阿闍梨供養塔は、和歌山県高野山奥の院の御供所西側にある。
契沖(1640-1701)は、江戸時代の古典学者、歌人、僧侶で、俗姓は下川氏。
近江国(滋賀県)下川家の出で、祖父元宜(もとよし)は加藤清正の家老で、父元全(もとさだ)は尼崎青山氏に仕えた。
生まれたのは、現在の兵庫県尼崎で、11歳で出家し、大坂今里妙法寺、高野山東室院で修業した。
23歳で大坂曼荼羅院の住職となり、24歳で阿闍梨位を得た。
40歳で妙法寺住職となり、51歳から高津円珠庵(えんじゅあん)で過ごした。
元禄14年1月25日に62歳で亡くなった。
本居宣長は、「玉かつま」の中で「わが古学は契沖、はやくそのはしりを開けり」と記して、古学、国学の先駆者として敬意を表している。
南海電鉄高野線高野山駅から南海バス「奥の院前」下車、徒歩20分。乗用車の場合は、中の橋の無料駐車場を利用する。 → 布忍神社 


TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)