大和街道第5回 田井ノ瀬駅集合~和歌山城解散

「大和街道」
一般的に、大和街道は奈良が都であったころ、都と地方を結ぶ道として誕生した。
日本歴史地名体系では、京から大和への大和街道と三重から大和への大和街道が紹介されている。

街道の日本史35巻「和歌山・高野山と紀の川」(藤本清二郎、山陰加春夫編)によると、紀北の街道として次のように紹介されている。
南海道 古代の官道=南海道は、大和から紀伊に入り、紀の川北岸を通り、加太駅から海を渡り土佐へ至る道である。
高野参詣道 京都から高野山へ参詣する道である。
17世紀の道(紀伊国絵図) 伊勢街道、熊野街道、上方街道、淡路街道、高野山と龍神温泉へ向かう往還
紀伊続風土記の道 上方街道、伊勢街道、熊野街道、熊野古道、高野街道ほか
大和街道 紀伊国名所図会に伊勢街道は「大和街道」と記されている。19世紀初めごろから大和街道という言葉が使用されるようになったという。
       明治9年(1876)から明治11年にかけて、国道、仮定県道が定められた。
       紀北筋では、上方街道が大坂街道と称され、伊勢街道は「大和街道」と規定された。
       この時以来大和街道の名が定着したという。

紀伊風土記の丘 岩橋千塚古墳群 

和歌山県立紀伊風土記の丘は、和歌山市岩橋にある博物館施設である。
昭和46年(1971年)に、国指定特別史跡岩橋(いわせ)千塚古墳群の保全と公開を目的として、全国で3番目の風土記の丘として開園した。

特別史跡「岩橋千塚古墳群」は、5世紀から7世紀にかけて築造された全国屈指の群集墳である。
古墳の数は、800基を超え、「岩橋型横穴式石室」と呼ばれる石棚、石梁をもつ独特な石室がこの古墳群の特徴となっている。

総面積約65万㎡の園内には、紀伊風土記の丘資料館、復元竪穴住居、江戸時代の民家、地曳網和船、万葉植物園などがある。
園内一周は、約3キロメートルあり、80分ほどで周ることが出来る。
JR和歌山駅東口から和歌山バスで「紀伊風土記の丘」下車、徒歩5分。来園者用の無料駐車場がある。


将軍塚古墳(前山B53号墳)

将軍塚古墳(前山B53号墳)は、和歌山市岩橋千塚古墳群内にある。
6世紀後半に造られた墳長42.5mの前方後円墳である。前方部と後円部の両方に、横穴式石室が作られている。
現在公開されている後円部の石室は、玄室長3.3m、幅2.2m、高さ4.3mあり、岩橋千塚古墳群の中で、天王塚古墳に次いで天井の高い石室である。
古墳は盗掘されていたが、後円部の石室から銀環(ぎんかん)、水晶製平玉、ガラス製の小玉、梔子(くちなし)玉と須恵器、土師器、前方部石室からガラス製小玉、須恵器、馬具が出土している。

和歌山城

和歌山城は、和歌山市一番丁にある国史跡である。
天正13年(1585年)、羽柴秀吉が紀州を平定した際、自ら城郭の場所を選定し、藤堂高虎に命じて標高48mの岡山(虎臥山)に城を築き、弟の羽柴秀長に与えた。
秀長は、大和郡山を居城としたため、桑山重晴が城代を勤めた。
その後、慶長5年(1600年)関ケ原の戦いで軍功のあった浅野幸長(よしなが)が甲斐(山梨県)府中から和歌山に転封され、37万6千石の領主となった。
幸長は、連立式天守閣を建て、大手を南の岡口門から北の一の橋に変え、本町通りを大手筋として城下町を整備した。
幸長没後、弟の浅野長晟(ながあきら)が跡を継ぎ安芸国に移封になると、元和5年(1619年)に徳川家康の十男 頼宣が入城した。
この時、二代将軍徳川秀忠から紀伊一国と伊勢国の一部を加えて、55万5千石が徳川頼宣に与えられ、御三家紀州藩が成立した。
紀州徳川家は、「南海の鎮(しずめ)」として、西日本を監視する役割を担い、八代将軍吉宗、十四代将軍家茂を輩出している。
明治4年(1871年)に和歌山城は陸軍省の管轄となった後、昭和6年に国の史跡に指定され昭和10年に天守閣などが国宝に指定されたが、昭和20年(1945年)戦災により焼失した。
復興天守は、昭和33年(1958年)に再建されたもので、1,2階は武具、古文書などが展示され、3階からは、市街地や紀淡海峡、高野山などが眺められる。
一帯の公園内には、紅葉渓庭園や再建された御橋廊下などがある。
JR和歌山駅、南海和歌山市駅からバスで「公園前」下車。公園南側三年坂通りに、来訪者用の駐車場入口がある。



大和街道第1回 大和街道第2回 大和街道第3回 大和街道第4回
TOP PAGE  観光カレンダー