国城山桜ウォーク

定福寺

紫雲山定福寺は、和歌山県橋本市賢堂にある高野山真言宗の寺院である。
当寺は高野山参詣道の黒河道のスタート地点に位置しており、黒河道は平成27年(2015年)10月に国の史跡に指定され、平成28年10月に世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録された。
本尊木造阿弥陀如来坐像は像高88cmで、両手を腹前で組んで上品上生(弥陀定)印を結んでいる。
檜材の一木造りのこの像は、腹部の丸みに合わせて刳り込んだ一材の両膝を矧(は)ぎ寄せる手法で作られ、平安時代中期(10~11世紀)の作品である。
均整のとれた頭体で、和歌山県の有形文化財に指定されている。
境内下にある九重塔(橋本市指定文化財、砂岩、総高244cm)は、相輪部九輪の六段目以上と塔身部第八層目が欠損しているが、基礎部の銘から弘安8年(1285年)に建立された石造層塔である。
「伊都郡学文路村誌」には、
「何の為に建立されたものかに就いては異説紛々、或は朝鮮より渡来せりといひ、容易に判定し難いが、塔の下には、石棺を埋めてあると言はれ、
『一村大飢饉の際に非ざれば発掘すべからず』との伝えがあるとて、人々畏怖して手を触れず」
と記されている。
南海高野線紀伊清水駅から徒歩9分、JR和歌山線及び南海高野線橋本駅から徒歩25分。


黒河道 

黒河道(くろこみち)は、和歌山県伊都郡にある高野参詣道の一つである。
橋本市賢堂(かしこどう)から高野山千手院谷にある高野七口の一つ黒河口まで通じている。
紀伊續風土記の黒河村の項目には、「黒河は暗谷の義にして狭き谷のことなるへし」と書かれている。
橋本から高野山への近道とされ、また大和からの参詣客がしばしば利用することから、大和口とも呼ばれた。
道が険しいことから、多くの参詣客は黒河道の西方を並行する京大坂道を利用した。
紀伊續風土記によると、文禄3年(1594年)の豊臣秀吉の高野参詣の帰途に、秀吉が千手院谷から久保村・市平村を経て、わらん谷から明星が彎(明神ケ田和)を越え、紀の川を渡って橋本町へ出たとの経路が記されている。
当時の天下人が利用した道で、主要な高野参詣道の一つであったと考えられている。
また周辺の村々の産物を高野山に納める「雑事(ぞうじ)のぼり」にも利用されたと推定されている。
秀吉の利用したルートが復原され、平成27年10月に国の史跡に指定された。
平成28年10月には「紀伊山地の霊場と参詣道」として、世界遺産に登録されている。
南海高野線橋本駅又は高野山駅下車。



鉢伏の井戸 

鉢伏の井戸は、和歌山県橋本市賢堂の高野参詣道「黒河道」沿いにある。
紀伊續風土記の「東畑村」の説明では、「鉢覆(ハチブセ)山 村の艮(北東)にあり 山の尾筋に峰を起して その状 鉢を覆(フセ)たるに似たり 因りて名とす (中略) 大師の加持水あり」と書かれている。
一説では、「かつてこの辺りに多くの蜂が群棲して、人々を悩ませていたが、偶々弘法大師が巡錫の途中にこの地を通過し、群がる蜂に対して、大喝叱咤したところ、不思議にも蜂は即座に伏せられて刺力を失った。そのため蜂伏山という。」と言われている。
井戸は、昭和36年(1961年)の第二室戸台風で被害を受け、永らく枯れ井戸となっていたが、平成26年(2014年)に浚って土砂を取り除き、僅かながら湧水が復活したという。
南海高野線紀伊清水駅下車、徒歩約40分。



明神ケ田和 

明神ケ田和は、和歌山県橋本市国城山の東の峠で、高野参詣道「黒河道」にある。
一般に明星ケ田和と呼ばれ、紀伊續風土記には「明神ケ彎」と記されている。
彎とは、弓に矢をつがえて弦を引くこと、弓のような形の曲線を描いてまがることを意味する。
数戸の人家があり、山麓から賢堂を経て、五軒畑を過ぎて登ってくると、道は明神ケ田和で分岐し、右に行けば紀伊清水駅、中央の道は国城山、左の道は黒河道でわらん谷(藁谷)から市平橋、一番左は青渕へと続く。
南海高野線紀伊清水駅下車、徒歩約80分。



国城神社(国城五社大明神)

国城神社(国城五社大明神)は、和歌山県橋本市国城山(標高552m)にある神社である。
社伝によると、大和時代(千数百年前)にこの地域の開発者(国主)の神が、国城山頂の大樹に姿を変えて現れたため、神の鎮まる浄域として社を創建した。
伝説によると、坂上田村麻呂将軍が勅命によって奥州に出征したが、
戦況思うに任せず苦慮していた夜に、「国城神社の山林に自生する竹を用いて矢竹とすれば大勝利を得る」と夢のお告げを受け、
当社に参拝して20日間籠った後、矢竹を武器に戦い大勝利を得たという。
その神託に感謝して御神楽が奉納され、今日まで連綿として奉納が続けられている。
毎年4月23日と11月23日には、例祭が行われる。
国主の神を祭祀する意味から「国城神社」と呼ばれ、清水、西畑、南馬場の産土神として崇敬されている。
祭神は、天照皇大神、八幡大菩薩、春日大明神、愛宕大明神、荒神で、「国城五社大明神」と呼ばれるようになった。
南海高野線紀伊清水駅から徒歩約2時間、鳥居前には駐車用のスペースがある。



寳藏寺

寳藏寺は、和歌山県橋本市西畑にある寺院である。
高野山金剛峰寺の末寺として室町時代応永年間(1394-1427)の創建といわれる。
本尊は、聖観世音菩薩座像で、薬師如来木像、弘法大師像、不動明王像、地蔵菩薩像が祀られている。
伊都郡学文路村史によると、聖観世音菩薩を納める厨子には、文久二年(1862)戌年春二月初午の日建立之、藤屋佐兵衛、と書かれている。
平成23年2月に、本堂内の聖観世音菩薩座像、薬師如来木像、弘法大師像、不動明王像の4体が盗難にあっているのが判明したため、警察に盗難届を提出した。
同年3月13日の初午の際に、本尊が居ないため檀徒が相談し、仮本尊を安置して行事を行うこととした。
高野口町の渋川義尊仏師に板に聖観世音菩薩を描いてもらい、本堂に安置して、初午の日に下田住職が仮本尊の開眼法要を執り行った。
その一か月後に窃盗犯が逮捕され、聖観世音菩薩座像と不動明王像の2体が発見され、本堂に戻された。
それ以降、板に描かれた聖観世音菩薩は、「戻してくれる、返してくれる」などの力があると話題になり、「失せ物」「復縁」などの参拝者が訪れている。
南海高野線紀伊清水駅下車、徒歩40分。



平谷池応其上人供養碑

平谷池(へえたにいけ)応其上人供養碑は、和歌山県橋本市南馬場にある。
平谷池は、周囲約750m、池堤約100mの池で、伊都郡内の河南では一番大きい池である。
自然石で造られた供養碑には、次のように刻されている。
 「天正十八年(1590)庚寅 當池修營本願木食興山上人應其
  正月十四日 馬場 清水村中」
平谷池の改修工事を終えて、南馬場と清水の村人たちが、応其上人の功績を讃え、後世に残すために建立したといわれており、橋本市の指定文化財となっている。
応其上人は、当池のほかにも、岩倉池、引の池、畑谷池、上村池なども手掛けている。
そのうち、岩倉池や引の池には、上人の功績を記念して五輪塔が建立されている。
南海高野線紀伊清水駅から徒歩20分。



学文路天満宮

学文路天満宮は、和歌山県橋本市にある神社である。
社名は天満神社で、現在は学文路地区全域の氏神となっている。
祭神は、菅原道真公で本殿中央に祀り、左側に天穂日命(あめのほのひのみこと)、御父君 菅原是善卿(すがわらこれよしきょう)、御母君 園文字姫(そのもしひめ)の3柱、右側に旧学文路村内の55柱を祀っている。
創建について、「天満神社御縁起」では、「天満神社は、人皇第75代崇徳天皇の天治元年(1124年)9月25日、紀伊国伊都郡当時相賀の荘の今の地に御勧請、<中略>当神社は京都北野神社御建立の際、時の帝第62代村上天皇の天暦元年(947年)、日本国中一郡に大社小社に不限必ず一社の鎮座を被仰出たるに依る」とされている。
元弘3年(1333年)の後醍醐天皇の綸旨、いわゆる元弘の勅裁により、相賀荘は「相賀荘河北」「相賀荘河南」と、紀ノ川の河北と河南で領有が二分された。
相賀荘河北は、これまでどおり根来寺領、相賀南荘は、高野山寺領となった。相賀大神社を「河北惣社」と呼ぶのに対し、天満神社は、南荘の総鎮守となって、「河南天神」ともいわれて、崇敬された。
明治6年(1873年)に村社、明治40年(1907年)に神饌幣帛供進(しんせんへいはくきょうしん)神社に指定された。
伊都地方唯一の天満宮として、学業成就、受験合格の参拝者が多く訪れている。
祭礼は、1月25日(初天神)、8月25日、10月第4日曜日に行われており、初天神には学文路地区の小中学生の書初め展がある。
南海高野線学文路駅下車、徒歩20分。参拝者用駐車場がある。

          担ぎだんじり飾幕「川中島の合戦」

大畑才蔵勝善の墓

大畑才蔵勝善(おおはたさいぞうかつよし)(1642年-1720年)の墓は、和歌山県橋本市学文路にある史跡である。
利水の先覚者大畑才蔵勝善は、寛永19年(1642年)学文路で生まれた。
18歳で杖突(つえつき 庄屋の補佐役)、28歳で高野内聞役(こうやないぶんやく 高野山の情報を藩に伝える役)と、若年で要職に就き、各層から厚い信望を集めた。
元禄9年(1696年)55歳の時「和歌山会所詰御用」を命じられて藩に出仕し、以降大畑才蔵の優れた才能は紀州藩の事業を通して大きく開花した。
大畑才蔵が手がけた大水利事業は、元禄11年(1698年)からの伊勢一志郡の新井(しんゆ)施工完成、紀州では元禄13年藤崎井(ふじさきい)、宝永7年(1710年)小田井竣工の二大灌漑事業がある。
特に小田井は根来(岩出市)に至る大規模なもので、県下随一を誇る農業用水であった。その長さは9里8町(約36㎞)に及び、およそ1000町(約9.9㎢)の田に水を導いた。
これらの水路には、サイフォン方式や「かけひ」方式など天才的な設計技法が随所に用いられている。
その後、才蔵のたずさわった仕事は、名高浜(なだかはま)の塩田、亀池(海南市)、引の池、河瀬(こうぜ)新地(橋本市)など多数に及ぶ。
享保5年(1720年)9月24日に79歳で没し、戒名は「浄岸慈入居士」とつけられた。墓石は、紀ノ川側から3列目の左から4つ目である。
「才蔵日記」等の記録類も残されており、墓地とともに和歌山県指定文化財となっている。
墓地からは、紀ノ川を望むことが出来る。
南海高野線学文路駅下車、徒歩18分。かむろ大師の参拝者駐車場がある。



ヒロ画廊

ヒロ画廊(Hiro Art Gallery)は、和歌山県橋本市学文路にある。
2018年12月7日から12月23日まで銅版画の坪内好子展が開催された。
南海高野線学文路駅下車、徒歩5分。
京奈和自動車道橋本インターチェンジから車で10分。専用駐車場がある。



高野街道六地藏 第二

高野街道六地蔵第二(橋本市指定文化財)は和歌山県橋本市南馬場にある。
江戸時代の後半、高野山参詣者の安全を祈願して、清水から桜茶屋までの六か所に地蔵堂が建立され「高野街道六地藏」と呼ばれていた。
堂内には、中央に地蔵菩薩、右に観音菩薩、左に不動明王の三体が祀られているが、左右の二体は後から祀られたといわれる。
紀伊続風土記の清水村の項に次のように書かれている。
「地蔵堂 境内周二十二間丁田にあり 六地蔵の第二なり」
堂前の里程石には、次のように記されている。
「東 高野山女人堂迄三里
   地蔵尊 弘法大師御作
   弘法大師御母公御廟所
   慈尊院村江一里是ヨリ十丁程先別道有
 南 橋本町東家舩渡シ江一里
   伊勢江三十六里吉野江七里
   大坂江十二里堺江九里」
平成26年11月、国道370号線の拡幅により約7メートル西北西に移設されたため、里程石の基部の色が違っている。
南海高野線紀伊清水駅下車、徒歩20分。



TOP PAGE  観光カレンダー
TOP PAGE  观光最佳时期(旅游日历)